フリーキック

フリーキックの位置

フットサルの相手チームの競技者は、フリーキックに対して壁を作れます。相手チームの競技者は、ボールがインプレーになるまで、ボールから5m以上離れます。このフリーキックから直接得点することもできます。相手チームの競技者は、フリーキックに対して壁を作れません。フリーキックを行う競技者を特定する。ゴールキーパーは、自陣のペナルティーエリア内でボールから5m以上離れなければならない。その他の競技者は、ピッチの中のペナルティー工リアの外で、ゴールラインと平行なボールの位置におかれた仮想ラインの後方にとどまらなければならない。かつ、ボールから5m以上離れなければならず、キックをする競技者を妨げではならない。また、ボールに触れるかプレーされるまで、競技者はラインを越えてはならない。

フットサルのフリーキックの進め方

  • フリーキックを行う競技者は、他の競技者にボールをパスすることなく得点在狙ってキックする。
  • フリーキックが行われたのち、ゴールキーパーがボールに触れるかゴールポストかクロスバーから跳ね返る、あるいはピッチの外へ出た後でなければ、続投者はボールに触れることはできない。
  • ゴールラインから6m以内でフリーキックを行わない。通常、間接フリーキックとなる反則がペナルティーエリア内で犯された場合、違反の起きた地点に最も近いペナルティーエリアライン上からフリーキックを行う。
  • 敵陣のハーフ内あるいは自陣ハーフ内のゴールラインから10mの第2ペナルティーマークの位置に引かれるハーフウェーラインと平行なラインより前方で、それぞれのチームの反則を犯したとき、ペナルティーマークから、フリーキックのフリーキックの位置に従って行う。
  • 競技者の自陣ハーフ内10mの、ラインとゴールラインとの間で、それぞれのチームが反則を犯したときフリーキックを与えられたチームはキックを、ペナルティーマークから行うか、あるいは違反の起きた地点から行うか選択できる。
  • 延長戦が行われる場合、試合の後半に累積された反則は、延長戦にそのまま持ち越され累積される。

違反と罰則

  • 得点にならなかった場合は、キックを再び行う。
  • 得点になった場合は、キックは再び符わない。
  • 得点になった場合は、キックを再び行う
  • 得点にならなかった場合は、キックは再び行わない

違反の起きた地点から行う間接フリーキックを相手チームに与える。ただし、その地点がペナルティーエリア内の場合、その地点に最も近いペナルティーエリアライン上から間接フリーキックを行う。

フットサルのおすすめサイト:神奈川・横浜のフットサル大会ならヴァンクールスポーツ!!